2007年1月29日

cvs2svn

gentooにcvs2svnをインストールして, cvsのデータをsubversionに移行したときの記憶

emerge -uDN cvs2svn

コマンドの実行はこんな感じでやった.
cvs2svn -s /data/svn/test --encoding=euc-jp --symbol-transform="U?R([0-9]+)_([0-9]+)_([0-9]+)_([0-9].*):R\1.\2.\3.\4" --symbol-transform="Intermissiion:merge1.3_to_trunk" --symbol-transform="DEV_1_(.*):dev-1.\1" --symbol-transform="NN:original" --auto-props-ignore-case --fs-type=fsfs /data/cvs

cvsとsubversionでは, リポジトリ内のデータの保存方法が違うので,
そのあたりを編集する.

続きを読む "cvs2svn"

viewcvs

gentooにviewcvsをインストールしたときの記憶

portageでunmaskになっているviewcvsは0.9.4で
subversionのリポジトリを見るためには開発中の1.0を
使用しなければいけないので, /etc/portage/package.keywordsに
www-apps/viewcvs ~x86
を追加.

emerge -uDN viewcvs

続きを読む "viewcvs"

mailman (+postfix)

GentooにMailmanをインストールしました.

emerge -uDN mailman

設定は以下.


続きを読む "mailman (+postfix)"

2007年1月23日

linux-igd 0.95

gentooのnet-misc/linux-igdのhard maskが外れました.
~x86はまだついているけど.

linux-igd-0.95.ebuildがportageに入ってすぐの時(Jan 22 15:01)には,
DEPEND=" が入っていたので, emergeが文句を言っていたが,
さっき(Jan 23 03:36)--syncしたら
DEPEND=">=net-misc/upnp-1.3
に変更になっていました.

早速試しますが,
net-misc/libupnpにDEPENDしてもらえないかなぁ.

2007年1月15日

Windows XP プロセス起動時の優先度の設定

Windows XPでプロセスを起動させる際, 優先度を設定する方法

cmd /c start ""優先度 /D"実行プログラムのパス" 実行プログラム 実行プログラムへのオプション


C:\WINDOWS\system32\cmd.exe /c start "" /belownormal /D"C:\colinux" colinux-daemon.exe @colinux_fktn.conf

優先度の指定
/LOW 優先度「低」でアプリケーションを起動させる。
/BELOWNORMAL 優先度「通常以下」でアプリケーションを起動させる。
/NORMAL 優先度「通常」でアプリケーションを起動させる。
/ABOVENORMAL 優先度「通常以上」でアプリケーションを起動させる。
/HIGH 優先度「高」でアプリケーションを起動させる。
/REALTIME 優先度「リアルタイム」でアプリケーションを起動させる。