食べ物のウラミ

| コメント(0)

一年前の今頃のコトを思い出しました。
その時は妊婦でした。

出産予定日の6日前になる日で、
日中から、なんだか不規則な腹の痛みがありました。
不規則な痛み=前駆陣痛(いわゆる偽陣痛)と思いこんで過ごしていました。
このとき、わたくしは
「うーん、まだまだだから、ふだんと同じ食生活でなければならんな。」と
真面目に構えていました。

この頃わたくしの食生活は、健康そのもの。
間食も止めていました。

ある時、『出産直前はエネルギー補給のため、
食べれるときにモリモリ食べておくことが必要。』と
助産師さんに教えてもらっていました。

食べることに関しては、誰にも負けないぐらい食い意地の張ったわたくしです。
そのことを教えていただいたときに、即質問。

わたくし 「何を食べたらいいのですか?」
助産師さん 「何でもいいのよ。このときは禁止していたものを食べていいよ。」

バックミュージックはロッキーの勝利したときの曲。
ジャンクフードやアイスクリームが食べれる!!
焼き肉も食いまくりだ!!

出産直前は赤子に会える楽しみは、もちろん忘れてはいませんが、
(本当か)
好きなモノを食べれるということも、ある種の楽しみにしていました。

が、実際・現実は・・・・、
夕食後より痛み感覚の時間がせまくなり、
本物の陣痛だと気づいたとき(午前1時)には、
ひとり不眠で痛みを我慢していた状況でした。
(ダンナさんはわたしが起こした3時まで爆睡していました。)

結局、リストアップしていた出産直前に食べたいモノはひとつも食べれませんでした。
(ちなみに、リストはケン○ッキー、ミ○スッ○ップのベルギーチョコソフト、などなど。)

これだけが、今でも悔やまれてなりません。
食べ物のウラミ(?)は恐ろしい・・・・です。

しかし今、冷静に考えると
ソフトクリームだけでもダンナさんに買ってきてもらえばよかったと思います。

なら、リベンジすればいいのか。
・・・・と、自分ひとりでオチをつけてしまいました。

リベンジしたらロッキーの勝利の曲が背後で鳴り響くのか・・・・。
わかりません。

コメントする

このブログ記事について

このページは、miyoが2007年9月 6日 23:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「端っこ」です。

次のブログ記事は「ツクツクボウシ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。